【第66回富士登山競走】レース後の事など

富士登山競走のレポはこれで最後となります。

なんとか1ヶ月はかからずに書き終えられそうです(笑)

 

 

ゴール後は応援してくれたみんなが来てくれて、ほしこさんからはコーラのサービス♪

いや~、美味! 最高でした!

 

wpid-DSC_0226

預けた荷物を受け取り、ビショビショのシャツを着替えて記念撮影。

荷物は五合目行きのものと、大会会場となっている富士北麓公園行きのもの、ふたつを預けられるようになっています。

通常はここからシャトルバスで富士北麓公園まで下山する流れですが、バス乗り場がけっこう離れているらしいし、せっかく山に来たのに登りの苦しみだけで楽しみなく帰るのもあれだな、と思ったので、コースを戻って下山することにしました。

 

2013.07.26-34_s

立ってられなくなるまで力を使い果たしたのに、バスを使わずに下山するなんてどうかしてるぞ!と思われるかもしれませんが、これが以外にも普通に走れるのです。

翌日もダルさだけで激しい筋肉痛はありませんでしたし。

レースのキツさは半端ないのですが、動かない体を無理やり動かすという運動だったので、筋肉自体はあまり使っていなかったんでしょうね。

レベルの高い人だとまた違うのかな?

 

まだゴールを目指している選手を応援したり、スタッフの方々にお礼を言ったりしながらゆるゆると。

e088cd5288c33814b7feec2910d303a3

やっぱり山は楽しいな!

自力で下りて正解でした(´∀`)

記憶がない二合五勺のエイドでは余ったバナナを押し付けられたり頂いたりしてエネルギーも十分(*^ー^)

 

驚きなのは山頂コースの選手でも走って下山する方がいるということでした!

五合目にいた時にももの凄いスピードで駆け下りてくる選手を見ましたし。

動きからしてDNFしたとは思えないので、完走した上位の選手なのだと思います。

なんだか五合目コースを完走したぐらい、どうってことないちっぽけな事に思えてきます(笑)

 

無事下山し、山頂コースの皆さんとも合流。

お疲れ様でした~

2013_-7_27_13_51_s

結果とかはそれぞれで、思うところは色々とあるのでしょうが、私からしたら五合目より上に行ったというだけで山頂コースの方々を尊敬!

ゴール後に下りは走れましたが、登れと言われたら1mも登れなかったはずです(笑)

 

温泉でさっぱりした後はいつも通りステーキガストで暴食(´∀`)

てーいさんに約束通りご馳走になりましたよ♪

ありがとうございました!

レース後の打ち上げは緊張感から開放されて最高に楽しいです!

P1100335_s_s

一度やってみたかったスイカのポーズも出来たし(笑)

 

 

さて、これで一応山頂コースの資格をゲットし、しかもBブロックのゼッケンももらえそうな結果も残せたのですが、来年はどうするか…

現時点では全く山頂にたどり着くイメージは出来ません。

だって さらに倍! ですよ。

でも完走率は50%もいっていないらしいので、完走は難しくても、挑戦するという気持ちで挑むのもありなのかなぁと思ったりもしています。

半分だけでもヒーヒー言っていたのに、時間がたつとやっぱり辛さが薄れてきていますね(^^;

この日本一高い場所での熱き戦い。

ここに加わってみたいという気持ちが少しずつ強くなってきています。

 

あぁ、この感じだと来年絶対エントリーするだろうな…

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

コメント

  1. お疲れさまでした~
    masaさんなら山頂権は楽勝だと思ってました!
    来年はさらにえぐい頂上までの時間との戦いですね。
    エイエイオー!!頑張ってね!

    1. 初めて通しで試走をした時は、あまりの辛さに本番ではファンランしようと思ったぐらいでしたが、自分なりに勝負できるまでになって、ある程度の結果も残せたので良かったです。
      エイエイオー!の勢いと気合いでエントリー合戦頑張るか(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)