第1回さいたま国際マラソン完走記(その4)

第1回さいたま国際マラソン完走記(その3)の続きです。

 

* * * * *

 

アフリカの2選手に少し離されながらもくらいついて行く唯一の日本人選手、それは吉田香織選手だった。

思えば初めて間近に見た陸上界のトップアスリートはこの吉田選手かもしれない。

タニマリハーフだったか何だったか、近所のマラソン大会のゲストランナーで、ガチで走っているところをコース脇から見た。

野生動物的なストライドの広さと、一切の無駄が削ぎ落とされた身体に猛烈な美しさを感じた。

その後、皇居での走遇もあったりしたりしたもんだから、好きにならないわけがない。

そんな吉田選手が日本人トップで現れたわけだ。

masa選手、興奮!

 

「かおりんファイトーっ!!!」

 

思わず叫んだ。

 

image

テレビ中継に映っていた(嬉)

おケツがムッチムチだ…(恥)

image

 

料金所を通過。

結局この後、日本代表チャレンジャーの部の選手とは数人しかすれ違えず。

国道463号線から左折し、埼玉スタジアム方面へ。

少し足の疲労を感じ始めていたが、気のせいだと自分に言い聞かせた。

 

* * *

20km通過。

1:34’36 (23’21 | 4’40/km)

 

この5kmはジャスト、設定ペース通り。

すれ違いでピポパ1号さん、とらさんを発見!

折り返しの少し手前ではぶびっちゃんを発見!

差は1分ぐらいか?

 

「追いつくぞ!」

 

と、自分を奮い立たせるため、ぶびっちゃんに向けて息巻いた。

 

埼玉スタジアムの折り返しを折り返すとすぐに中間地点。

 

ハーフ通過 1:39’45

 

目標タイム3時間20分の半分、1時間40分を僅かに切って予定通り。

全く同じようにハーフをもう一本走ればいい。

簡単なことだ。

楽勝だ。

重くなってきた足の感覚をポジティブな考えで打ち消す。

 

この区間は少し力を入れて走った。

そのままの流れで走ってしまうとペースが落ちる、足が終わってきている、と感じていたのかもしれない。

ずっとペースメイクしてもらっているのも申し訳ないので、ヒラリーさんの前に出て積極的な気持ちで走った。

 

* * *

25km通過。

1:58’14 (23’38 | 4’44/km)

 

走っている時はわからなかったけど、力を入れているにも関わらずペースは落ちているので、このあたりで既に足が売り切れてしまっていたのかもしれない。

国道4号線にぶつかる手前で3つ目、最後の折り返し地点を折り返す。

対向車線にヒラリーさんの姿を探す。

キョロキョロしていたら、

 

「後ろにいますよ!」

 

すぐ後ろにいた(笑)

 

もうすぐ自分の中でフルマラソンのスタートとしている30km地点。

やっとウォーミングアップが終わる。

ここからが本番。

なのにどんどん動かなくなっていくこの身体…

 

大柄なランナーさんが前にいたので、何も考えずについていくことにした。

しかし、ちょっと気を抜くとすぐに離されてしまう。

浦和美園の上り坂に入る。

 

ぜ、全然進まない…

 

周りには歩く人多数。

みんなやはり足にきているみたいだ。

つられて歩きそうになるのを必死にこらえる。

ペーサーになってもらおうと思っていたランナーはどんどん離れていく。

ヒラリーさんの背中もどんどん小さくなる。

30km手前でこの状態。

苦しいレース展開となってしまった。

 

第1回さいたま国際マラソン完走記(その5)

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)