大田原の関門が結構ヤバいということに今さら気が付いた

どもです!

ヤバいです!!

ご存知、大田原マラソンの制限時間は4時間。

そして、今の走力はちょうど完走できるか出来ないかのボーダーライン上、という自己評価。

力不足なので出来るだけゆっくり走り、ぎりぎりサブ4でゴールに滑り込む、そんな結末をイメージしている。

で、ふと思った。

もしかしてゆっくり走ったら関門に引っかかる!?

不安になったので、すぐに想定ペースと関門打ち切り時間を照らし合わせてみた。

 

ざっくり考えていたレースペースは、ゆったり5’40/kmで入って5kmぐらいから5’30/kmで。

後半の坂は6’00/kmちょっとオーバーするぐらいかな?

なんてイメージだった。

 

そんなペース設定で計算してみると、

ootawara_kanmon_1

33.4kmの関門でアウト~!

てか、サブ4もできてなかった(笑)

 

あぶねー!

調べてみて良かったー!

 

ちなみにスタートロスの2分は、1分半に最初の1kmの渋滞を30秒足したもの。

3年前がスタートまで55秒、最初の1kmが5分55秒だったことからの予測です。

 

んでは、前半の設定はそのままで後半の坂を頑張るか!

前半下り、後半上りの大田原のコースを考えると、限りなくイーブンに近いペース設定。

ootawara_kanmon_2

38.6kmでアウト~(泣)

てか、今の自分があの坂を5’50/kmで上れるとは到底思えない!

 

どうやら前半のペースを上げるしかないようだ…

ootawara_kanmon_3

ふーっ、何とか完走。

トイレに立ち寄ったら22秒で出なくては!(笑)

前半を10秒ずつ上げた代わりにゆっくりペースの区間を5kmから7kmへ延長。

5’30/kmはゆっくりじゃないけどね!

高低図をみると7kmから下りになっているので、下りを坂を利用して上手くペースアップをしたいところ。

 

5’30/kmで7km走。

5’20/kmで16.7km走。

残りはキロ6を超えないように、って感じの作戦になるかな。

 

果たして、全力でキロ7オーバーだったあの坂を5分台で走れるのだろうか…

かといって走力的にこれ以上前半のペースは上げられない。

5’20/kmもかなり際どい気がする・・・

不安要素を上げればきりがないけど、完走したければやるしかない!

 

大田原は自分史上最大の大撃沈を強いられた大会。

唯一の撃沈と言ってもいいと思う。

そんな大田原さん、やはり簡単にはいかないようだ。

 

しかし、

やるしかないのだ。

 

20171110_222915-1.jpg

 

3年前のレポはこちら↓

第27回大田原マラソン大会

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ にほんブログ村 スキースノボーブログ スキーへ

コメント

  1. 大田原は25km下だり基調だから脚を使わないようにペースを上げていくイメージで行けば、後半の登り基調なんとかねばれますよ 特に前半頑張ってペース維持する展開は危険です。
    頑張って!

    1. なるほど!一気に上げず、徐々に上げていく意識でいってみます。
      ネコさんもつくばファイトです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)